東急不買運動 HOME 過去表紙 English Page 林田力


東急バスが世田谷区池尻でひき逃げか

東急バス株式会社の路線バス(等々力線)が、ひき逃げが疑われる交通事故を起こした。東急バスが東京都世田谷区池尻で2017年6月2日午後7時頃に男性と接触し、負傷させた。ところが、東急バスは走り過ぎた。被害者男性は横断歩道で倒れている状態であった。頭などの骨を折る重症であった。

警視庁は目撃情報などからひき逃げ事件として捜査を開始した。現場付近を走行していた東急バスの左側後方に接触痕が発見された(「路線バスがひき逃げか 警察が運転手から話聞く」NHK 2017年6月4日)。

東急バスは2017年6月3日付で「弊社路線バス事故に関するお詫び」をWebサイトに掲載したが、不誠実である。交通事故が起きたことを報告するが、東急バスが事故を通報しなかった事実を説明していない。救護措置義務を果たしていない。

東急バスは「お詫び」で「歩道から車道へ倒れ込んだ男性とバスの左側面部が接触し負傷」とし、自社の責任を少なくするための説明には余念がない。保身がみえみえの表現である。

運転手が事故を認識せず、悪意はなかったというのが東急バスの言い分であるが、事故を通報しなかった事実も書かなければ公正ではない。「定刻で着かないとクビになると思った」ではないか。東急グループには東急エージェンシーがあるため、マスコミ対策をしているのか。

都合の良い事実は説明するが、不都合な事実を説明しないならば、東急不動産消費者契約法違反訴訟と同じである(林田力『東急不動産だまし売り裁判 こうして勝った』ロゴス社)。東急不動産や東急バスには冷酷非道な空気を感じる。まるで消費者や住民の存在理由が自分の気まぐれに従うためと思っているような。悪徳業者は反省しない。自己憐びんと自己肯定の間を行きつ戻りつするだけである。

「分からなかった」「知らなかった」で押し通した方が得ということを許してはならない。逃げることによって時間だけではなく、一番大事な信用を失うことになる。これを取り戻すことは容易ではない。むしろ永遠に取り戻せない。

善意に解釈すると、事故に気づかなかった理由は運転手がマイクパフォーマンスに力を入れた結果かもしれない。東急バスは運転手の案内が五月蝿い。「発車致します」「停車致しますご注意下さい」「右に曲がります」「左に曲がります」「お気をつけ下さい」。

運転中にペラペラペラペラと案内している。運転手は、いちいち喋る。ずっとブツブツ喋っている。ひたすらマイクで喋り続けることは明らかにマイナスである。運転に集中しろと言いたい。案内に気をとられるから運転が疎かになる。

ダラダラ五月蝿いマイクパフォーマンスは、乗客にとっては逆に大切な案内も聞き逃してしまう。運転手は何か予言者的なことが言いたいのだろう。他人の考えが変わるような何かを。学識がありそうな何かを。しかし、彼には語彙がなかった。

東急はパフォーマンスだけの企業である。東急バスは運転手を「サービス・クルー」、東急トランセは「サービス・プロバイダー」と称している。運転手としての本来任務がなおざりにされているのではないか。

指差確認も全方位からの危険源が刻々と変化するバスでは確認の妨げになることがある。明後日の安全パフォーマンスばかり意識すると、遅くなるし、交通の流れを無視することになる。大勢の人の命預かっている認識が感じられない。東急田園都市線の満員電車・混雑遅延のように公共交通の本務を忘れた東急の姿勢と同根である。

Twitterでは以下のように指摘された。「やっぱ東急バスヤバイな...人轢いて気がつかないなんて...同じドライバーか」

「東急バスの運ちゃん、発車時に大袈裟に注意確認してるけど、やっぱりカタチだけだったのね。あの動作ワザとらしいもんな」

東急不動産東急リバブル不買運動

東急バス・東急電鉄の騒音

東急バスの騒音が批判されている。キンコンキンコン「バスが通りますご注意ください(女声録音)」「バスが通りむぁあす!(運転手)」。駒沢公園に停車する東急バスなどからキンコンが鳴り渡っているという。文化水準の高い国なら、あり得ないと批判される。日本の「おもてなし」の心を一企業が壊している。東急バスの騒音がある状態では、「外国人にぜひ来て」とは言いにくい。東京オリンピック・パラリンピックまでには東急バスの警告音を止めたいを主張する。

東急電鉄もアナウンスがうるさい。「携帯電話は車内で使うな」「駆け込み乗車はやめてくれ」などとまるで乗客に説教するがごとき車内放送満開である。駅に着くと放送があってから、停止信号で数分以上も停止する。

「駆け込み乗車はしないで下さい」「手すりや吊り革におつかまり下さい」「不審なものを発見したら・・・」は何かあった場合の言い逃れにしか聞こえない。「前の方に続いて降りて下さい」「一ヶ所に固まらず、空いているドアからお乗り下さい」は乗客を大人として認めていない。

車掌が「東急電鉄からのお願いです…」としどろもどろに話す車内放送は自動放送に組み込んでも変わらない。いかにもやってます、東急はやってますと利用者に刷り込みしている様で不快である。

東急田園都市線二子新地駅は1977年(昭和52年)12月16日以前は二子新地前駅と称していた。東急の車掌の発音が下品で、アナウンスが「双子死んじまえ」に聞こえてしまうために改名したとする説がある。

東急不動産のマンション建設工事も騒音が批判された。東急不動産だまし売り裁判でも近隣住民にマンション建設時の話を聞くと騒音が問題になったという。工事騒音はブランズシティ守谷や二子玉川ライズでも問題になった。ブランズシティ久が原建設でも工事騒音は懸念される。東急不動産は、やればやるほど自身の評判を貶めるのに、本当に訳が分からない組織である。



東急バス不祥事

東急バス運転手の右翼団体幹部、病院恐喝未遂で逮捕

駐車場の立ち退き料名目で「公立昭和病院」(東京都小平市)から現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁公安三課と小平署は、右翼団体「日本青年社忠龍塾」(横浜市青葉区)幹部で、東急バス運転手の蔵持竜一容疑者(46)(小平市天神町2)を恐喝未遂の疑いで逮捕した(2006年5月22日)。

調べによると、蔵持容疑者は自ら借りていた自宅近くの民間月決め駐車場を病院改築工事に伴い、公立昭和病院が全面借り上げすることになり、不動産会社から契約解除を通告されたことに立腹(「右翼幹部のバス運転手逮捕・病院恐喝未遂で警視庁」日本経済新聞2006年5月22日)。2006年3月23日から4月4日までの間、4回に渡り、同病院の改築部長に対し、「こういう話は100万円だ。街宣車を回してもいい」「迷惑料だ。10万から20万円出せ」と、現金を脅し取ろうとした疑い。

公安部などによると、蔵持容疑者は1986年、東急バスに入社し、現在は川崎市内の営業所に勤務、主に路線バスの運転を担当している(「東急バス運転手の右翼団体幹部、病院恐喝未遂で逮捕」読売新聞2006年5月22日)。

東急バスが渋谷で女性をひき殺す

2007年7月29日午前9時15分頃、東京都渋谷区道玄坂一丁目の渋谷駅西口バスターミナルで、東急バスの路線バスがターミナル内を歩いていた70歳代の女性をひいた。女性は頭などを打ち間もなく死亡した。東急バスは降車場からバス乗り場に向かって進行していた。

警視庁渋谷署は自動車運転過失傷害の現行犯で、バス運転手の利根川芳雄容疑者(30)を逮捕。容疑を自動車運転過失致死に切り替えて捜査するとともに、女性の身元を調べている。

調べでは、バスが降車場を発車し右折しようとした際に路上にいた女性と衝突、転倒したところを左前輪でひいたらしい。バスは渋谷駅から田園調布駅に向かう途中であった。運転手は「他のバスからクラクションを鳴らされるまで(衝突したことは)わからなかった」と話す。

「東京・渋谷でバスにひかれ女性死亡、運転手を逮捕」産経新聞2007年7月29日
「渋谷で路線バスにひかれ女性死亡」スポーツ報知2007年7月29日
「バスターミナルではねられ死亡」カーセンサーnet 2007年8月1日

東急バス【お詫び】渋谷駅前における歩行者死亡事故について

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 05:08:45 
東急バスなら、人を轢き殺しても不思議はない 
もう東急バスは会社清算しろ 

39 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/01/24(木) 16:59:16 
渋谷で婆さん轢き殺した運転手、祖師谷折り返し所と世田谷区民会館で旗振り 
として復活したな〜。 

41 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/02/01(金) 13:19:58 
人一人殺しておいて復帰する神経が分からない。 

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 14:17:59 
よく会社に居れるよな 
相当図太い神経してるんだろな 

東急バス運転手の暴言

東急バス運転手のブログでの暴言に非難が集中した。東急バスの路線バスが渋谷駅西口バスターミナルで高齢の女性を轢き殺した事件に対し、「ジジイやババアみたいなゴキブリは出歩くな!」と暴言を吐いた。これに対しては、「言葉が汚い 言い過ぎ」「自分も年をとればわかります。皆さん好きで体が不自由になったのではないのですよ」と批判された。

問題のブログ「T-BUS PILOTの言いたいこと言ってみた。」は暴言だらけである。「バスの運転の基本は威嚇」と言い、自転車に廃棄ブレーキを全開にして排ガスを浴びせたと自慢げに記述する。女性従業員を性欲の対象としてしか見ていない。「なんかこの頃女の子の質落ちてませんかぁ( ̄ε ̄;)ババアとブサイクしかいねぇっすねぇ」。その後、問題のブログ「T-BUS PILOTの言いたいこと言ってみた。」は閉鎖された。

東急バスの死亡事故

渋谷発祖師谷大蔵行きの東急バスで死亡事故が起きた。2008年2月2日午前8時10分頃、世田谷区池尻の国道246号交差点で、渋谷区神宮前のビル管理業、野口富造さん(71)のバイクが、東急バスと衝突し、野口さんは全身を強く打って間もなく死亡した。警視庁世田谷署で事故原因を調べている(「路線バスと衝突、男性死亡 東京」産経新聞2008.2.3)。


東急不動産東急リバブル不買運動


(C) 東急リバブル東急不動産不買運動(東急拒絶購買運動Boycott Tokyu) 2004-2015 All rights reserved.
This page is link free. 東急リバブル・東急不動産不買運動は本Webサイトの転送、転載、引用、訳出、リンクを歓迎します。その際は出典を明示して下さるようお願いします。リンクから東急不買運動を始めましょう。
Contact:mccmccmcc3@yahoo.co.jp スパム対策のため、一部大文字で表記しています。東急の不動産関連トラブル情報を募集します。お気軽にメールください。相互リンクも募集しております。
inserted by FC2 system