HOME 東急不動産と耐震強度偽装問題 耐震強度偽装問題、日本ERI、アトラス設計渡辺朋幸代表 東急東横線で車椅子の女性が転落死

法なび RBB JanJan JUGEM 読書メーター ブクログ エアロ NewsAsiaBiz ComSearch はてな 山岡俊介 北芝健とは @PEDIA HMV林田 新刊 ことさが

東急田園都市線の車内で男性が暴れて死亡

東急田園都市線では2017年3月11日正午過ぎ、乗客の男性が社内で暴れた。男性は居合わせた乗客に取り押さえられた後、意識を失いその後、死亡した(「東急田園都市線 車内で、暴れた男性が意識失い死亡」TBS News i 2017年3月12日)。

世田谷区の東急田園都市線上りの車内で50代とみられる男性が車内で大声を出した後、注意した乗客の男性の顔をいきなり殴るなどした。男性は居合わせた乗客の男性3人に桜新町駅のホームで取り押さえられた。うつ伏せの状態で肩や足を素手で押さえられていたが、その後、突然、意識を失い搬送先の病院で死亡が確認された。

怖い事件である。危険ドラッグをしていたのだろうか。東急電鉄には乗客のトラブルが多い。2001年4月28日の深夜には混雑した田園都市線車内で「足を踏んだ」「踏まない」との乗客同士のトラブルが発生し、三軒茶屋駅のホームで傷害致死事件へと発展した。2003年10月には川崎市の東急田園都市線宮崎台駅で、全面禁煙のホームで喫煙していた会社員(25)に注意した会社員(42)が殴られ鼻骨を骨折した。

東急東横線では2007年6月12日、電車の網棚からバッグを盗もうとした52歳高校教諭が窃盗の現行犯で逮捕された。高校教諭は午後11時45分頃、東急東横線多摩川駅に停車中の渋谷発元町・中華街行き普通電車内で、網棚にあった横浜市中区の男性会社員(38)のバッグを盗んで車外に持ち出そうとした。男性が取り押さえ、警察署に突きだした。容疑者は「バッグの中身に興味があった」と供述している(「東横線電車の網棚からバッグ盗む、52歳高校教諭を逮捕」読売新聞2007年6月13日)。

東急電鉄従業員の暴力事件

東急電鉄従業員による暴力事件が相次いでいる。乗客サービスが第一の鉄道会社にあるまじき行為である。暴力事件が続発するのは野蛮性があるからである。良識のある人間は殴ることはない。

暴力事件の背景に東急電鉄の体育会系社風をあげる見解がある。体育会系社風のため、従業員に変なストレスがたまっていく。教育や規則が厳し過ぎると従業員同士が変に刺々しくなるし、それが顧客に向けられてしまうこともある。そのことに幹部は全く気付いていない。

従業員が満足していない会社で、顧客満足Customer Satisfaction; CSのための努力ができる筈がない。顧客満足がなければ企業は成長しない。従業員満足Employee Satisfaction; ESは顧客満足に匹敵する。会社は顧客と従業員なしでは成り立たない。好況の持続も不況の克服も従業員にかかっている。顧客満足と従業員満足は、自転車の両輪である。

東急電鉄暴力駅員、質問した乗客に重傷を負わせる

東急東横線・都立大学駅の駅員(35)が、券売機の使い方をたずねる乗客の会社社長(48)をバカヤロウ呼ばわりしたうえ、壮絶な暴力を加えて、大怪我を負わせた(2000年1月30日午前10時頃)。

都立大学駅から電車に乗ろうとしたところ、営団地下鉄との相互乗り入れなどのため券売機の料金表示がよくわからなかった。このため、改札近くの窓口で駅員に二度にわたり同じことを聞いた。それに対し、駅員は「このバカめ」と突然罵声を浴びせた。これには会社社長も憤慨。「バカとは何だ。○○○○という名前か」と胸のネームプレートを確認して言い返した。

駅員は呼び捨てにされたことに激高し、その場で会社社長の首を締め、顔を殴った。さらに、改札口近くの柱に頭や顔をぶつけた。駅員の暴行はそれだけでは収まらず、会社社長を駅の事務室に連れ込み、再び首を締め、顔を殴った。

「ワイシャツは一部が張り裂け、ボタンがはじき飛んだ。前歯の差し歯2本が根本から折れた。首のケガは治ったが、それでもノドの奥が切れている。今もおかゆしか食べられず、食事をするのがつらい」。会社社長は抜けた前歯から空気が抜けるような声で話す。病院の診断では、歯の修復なども含めて全治10カ月から1年という。

すぐに碑文谷署に被害届を出したが、東京急行電鉄本社の対応にはいまも腹を立てている。「本社の事業部長という人が一度謝りに来て、上司に稟議をとらなきゃならないので治療の計画書を出してくれといわれた。責任者に電話しても『出張だ、休みだ』といって対応してくれない。挙げ句の果てに弁護士が対応するから書類を出してくれという。そんなのあるか」と憤懣やるかたない様子だ。誠意の全くない対応である。

会社社長は「会社の倫理の問題だ」と配達証明も出した。2月25日になってようやく社長名で社員の暴挙を認める詫び状が届いた(「東急駅員逆ギレ、客をボコボコに」ZAKZAK 2000年3月23日)。今更の感があるものである。これが東急クオリティである。

東急東横線暴力駅員、乗客を殴打

東急東横線渋谷駅(東京都渋谷区)の男性駅員(34)が乗客を殴打した。駅員は2006年4月2日未明、乗客を呼び止め、事務室に連れて行き、顔を殴った。東急電鉄は「暴力はあってはならない」として同月10日付で諭旨解雇した。解雇の事実が判明したのは2ヵ月後の6月2日である(「客につばかけられて殴打 東急が渋谷駅の駅員解雇」朝日新聞2006年6月3日)。東急では2000年に都立大学駅の駅員が乗客に暴行して怪我をさせ、懲戒解雇されている。

東急大井町線上野毛駅の駅員が子猫を虐待

東急電鉄大井町線の上野毛駅で2006年5月、線路に黒猫が閉じ込められる事件が起きた。ホームで電車を待っている乗客により発見されたが、東急電鉄の駅員の対応は冷たかった。既に子猫の一匹は電車に轢かれていた。駅員は線路に降りると、もう一匹の子猫の隠れたブロックをガンガンガンと足蹴にして大きな音を立てた。そのため、猫は怖がって隠れて姿を見せなくなった。

乗客は東急電鉄駅員の態度の悪さと要領の悪さにウンザリしたと語る。駅員は子猫の保護を面倒としか考えていない態度であった。子猫の隠れているブロックを蹴って怖がらせた東急電鉄駅員の行為は動物愛護法上の虐待行為と考えられる。東急電鉄従業員は生命の尊さについて何ら意識していないことが分かる。

東急田園都市線車内で高校教諭が女性に暴行

東急田園都市線の急行電車内で女性をけったなどとして、神奈川県警緑署は2007年5月5日までに、県立荏田高校教諭坂本陽一郎容疑者(28)=同県相模原市西橋本=を暴行の現行犯で逮捕した。

調べによると、4日午後11時20分ごろ、東急田園都市線溝の口−鷺沼間の急行電車内で、横浜市の飲食店店員の女性(26)が足を組んで座っていることに腹を立て、「行儀が悪い」などと言って、女性のひざを2回けった上、帽子をかぶっていた女性の頭を平手で殴った。坂本容疑者は友人と酒を飲んで帰宅する途中だったという。

「電車内で女性に暴行=高校教諭を逮捕−神奈川県警」時事通信2007年5月5日
「暴行で高校教諭を逮捕 電車内で女性に「行儀が悪い」」産経新聞2007年5月5日
「高校教諭が電車で脚組んでいた女性に暴力」日刊スポーツ2007年5月5日

東急東横線で催涙スプレー噴射

東急東横線の車内で2013年3月7日23時50分頃、催涙スプレーが噴射され、車内にいた乗客ら26人が目の痛みなどを訴え、2人が搬送された。東京都目黒区鷹番3の東急東横線学芸大学駅に停車中の渋谷発元町・中華街行き普通電車(8両編成)の車内で起きた事件である。

大勢の乗客が救護所で手当てを受けた。催涙スプレーは男性のグループが持っていたものである。この影響で、東急東横線は一部で運転を見合わせた(松本惇、浅野翔太郎「<東急東横線>電車内でスプレー噴射 乗客ら26人被害」毎日新聞2013年3月8日)。

東急電鉄で痴漢多発

東急電鉄車両では痴漢が多発している。タレントの田代まさしは東横線都立大学駅で、が駅改札口でスポーツバックにビデオカメラを仕掛け、盗撮の疑いで逮捕された(2000年9月24日)。

警視庁機動隊巡査が東急田園都市線で痴漢

神奈川県警宮前署は警視庁第3機動隊巡査の足立健太郎容疑者(29)(東京都目黒区大橋)を、県迷惑防止条例違反(痴漢行為)の現行犯で逮捕した(2006年10月11日)。足立容疑者は11日午後6時50分頃、東急田園都市線溝の口―鷺沼駅間の下り急行電車内で、横浜市内の女子高校生(17)の下半身を触り、スカートをめくろうとした。

足立容疑者は女子高生に手をつかまれ、顔をにらみつけられたために鷺沼駅で降りて男子トイレに逃げ込んだが、女子生徒らに追い詰められて取り押さえられた。足立容疑者は、容疑を認めている(「警視庁機動隊巡査が電車で痴漢、駅トイレに逃げ込む」読売新聞2006年10月12日)。

東急田園都市線で防衛大学校教授が痴漢

東急田園都市線で2004年10月8日午前8時50分頃、神谷万丈(45)・防衛大学校教授が20代の女性会社員に痴漢した。神谷被告は東京都世田谷区の東急田園都市線二子玉川−三軒茶屋間を走行中の電車内で女性の尻を触った。神谷は東京都迷惑防止条例違反の罪に問われ、休職中である。

東京地裁は求刑通り罰金40万円を言い渡した(2006年4月28日)。東京高裁も一審判決を支持し、神谷被告側の控訴を棄却した(2007年1月17日)。高橋省吾裁判長は「証言は真に迫り、具体的で詳細。痴漢行為中の手をつかんだという話も、被告の手の傷跡と客観的に符合している」として退けた。

東急田園都市線で痴漢の防衛大学校教授を停職

防衛省は東急田園都市線で痴漢行為をしたとして、防衛大学校人文社会科学群の神谷万丈教授(45)を停職14日の懲戒処分にした(2007年2月23日)。防衛大学校総務課は「社会的責任がある立場にありながら事件を起こしたのは遺憾」とする。

防衛大学校によると、神谷教授は2004年10月8日、東京都世田谷区の東急田園都市線の電車内で、20代の女性会社員の尻を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反の罪に問われ、2007年1月に40万円の罰金刑が確定した。

「防衛大教授、2審も有罪 電車内で痴漢行為」産経新聞2007年1月17日
「防衛大教授、2審も有罪/「痴漢証言信用できる」」四国新聞2007年1月17日
「尻を触った防衛大教授を停職処分」日刊スポーツ2007年2月23日
「教授を痴漢で停職14日=有罪判決が確定−防衛大」時事通信2007年2月23日

東急田園都市線で東大病院の医師が痴漢

東急田園都市線で東大病院に勤める医師の男が21歳の女性の下半身を触ったとして逮捕された。神奈川県の迷惑防止条例違反(痴漢行為)で現行犯逮捕されたのは、東京大学医学部付属病院内科の非常勤医師の鈴木淳容疑者(41)=東京都杉並区西荻北1丁目=である。

鈴木容疑者は2007年3月7日午後6時10〜20分頃、東急田園都市線下り電車の二子玉川駅から鷺沼駅まで、およそ8分間にわたって21歳のアルバイトの女性の下半身を触った。女性が「痴漢」と叫んだため、鈴木容疑者は鷺沼駅で逃げようとしたが、女性や周りの乗客が車内で取り押さえ、駅員に引き渡した。同容疑者は病院での勤務を終え、友人に会いに行く途中だったという。調べに対して、鈴木容疑者は容疑を認めており、警察は余罪についても追及する。

「東大病院の医師を痴漢容疑で逮捕」朝日新聞2007年3月8日
「東大病院の医師、痴漢行為で現行犯逮捕」読売新聞2007年3月8日
「痴漢で東大病院医師を逮捕」日刊スポーツ2007年3月7日
「東大病院の医師、痴漢で現行犯逮捕」TBS 2007年3月7日

電通室長が東急池上線で痴漢

東急池上線の電車内で痴漢をしたとして大手広告会社「電通」の営業管理部門の室長(56)=東京都大田区=が都迷惑防止条例違反の疑いで警視庁に現行犯逮捕された。室長は2007年6月1日午前8時頃、東急池上線大崎広小路―五反田駅間を走行中の車内で、30代の会社員女性の下半身を触った疑い。警戒中の署員に取り押さえられた。

「電通室長を痴漢の疑いで逮捕」朝日新聞2007年6月5日
「電通室長、逮捕…電車内で痴漢」読売新聞2007年6月6日

NHK青少年番組担当が東急田園都市線で痴漢

東急田園都市線で痴漢をしたNHK制作局の青少年・こども番組部ディレクター、今井洋介容疑者(30)=神奈川県川崎市=が2007年6月8日逮捕された。電車内で女子高校生(17)の下半身に触ったとする。同局職員によるわいせつ不祥事が発覚したのは、6月だけで早くも3件目。

今井容疑者は8日午前7時42分から52分までの10分間、東急田園都市線上り急行電車の二子玉川―渋谷駅間で、女子高校生(17)のスカートに手を入れ、下半身を触った疑い。渋谷駅に到着するころ、女子高生が同容疑者の手をつかみ、「この人、痴漢です!」と同駅員に突き出した。

NHKによると今井容疑者は独身で、2000年に入局。広島放送局を経て05年7月に東京の放送総局に異動した。制作局青少年・こども番組部に所属し、教育テレビ「真剣10代しゃべり場」や「一期一会 キミにききたい!」を担当。自ら若者向けの番組作りを希望したという。

同局では今月に入り出向職員(34)が16歳少女へのわいせつ行為、ディレクター(42)が電車内で女性に“ほおずり”したとして逮捕されたことが相次いで発覚。今年だけでもハレンチ騒動は、子会社も含めて6件目だ。

「NHK職員、9日間で3人逮捕 子ども番組担当のディレクターが痴漢」中日新聞2007年6月9日
「青少年番組担当が痴漢!NHK6月早くも3件目!!」スポーツ報知2007年6月9日
「NHKまた不祥事!30歳ディレクター痴漢…全職員を面談予定」サンケイスポーツ2007年6月9日

東急田園都市線で高校教諭が痴漢

東急田園都市線で痴漢をしたとして、川崎市立高津高校教諭、古屋喜士容疑者(40)(横浜市都筑区あゆみが丘)が県迷惑防止条例違反(痴漢行為)の現行犯で逮捕された。

古屋容疑者は2007年6月15日午後11時15分頃、東急田園都市線鷺沼駅(川崎市宮前区)―あざみ野駅(横浜市青葉区)間の下り電車内で、隣の座席にいた横浜市緑区の女性会社員(25)の太ももをジーンズの上から約2分間にわたって触った。女性が同容疑者を取り押さえ、あざみ野駅で下車後、携帯電話で110番し、青葉署員に引き渡した。

「痴漢で高校教諭を逮捕 神奈川、電車内で女性の体触る」産経新聞2007年6月16日
「川崎市立高校の教諭、電車内で女性の太もも触り逮捕」読売新聞2007年6月16日

東急田園都市線で痴漢の教員を停職処分

川崎市教委は2007年7月11日、県迷惑防止条例違反(痴漢行為)容疑で県警に逮捕された教員など二人を停職処分にしたと発表した。市立高男性教諭は東急田園都市線電車内で、女性会社員の太ももを触り、県警に現行犯逮捕された。処分は9日付で、停職六カ月(「痴漢行為で逮捕の教員など処分発表/川崎市教委」神奈川新聞2007/07/12 )。

東急田園都市線で女子校教諭が痴漢

東急田園都市線で女子校教諭が痴漢した。東京都千代田区三番町の大妻中学高校教諭、宮沢秀茂容疑者(48)=川崎市宮前区=は女子高校生の下半身を触ったとして、東京都迷惑防止条例違反の現行犯で逮捕された。

宮沢容疑者は2007年10月30日午後6時35分ごろから約5分間、東急田園都市線渋谷−駒沢大学駅間で、女子高校生(16)の横に立ち、スカートの上から下半身を触った。女子高校生に駒沢大学駅で駅員に突き出された(「「やわらかかった…」 女子校教諭、痴漢で逮捕」産経新聞2007.10.31)。

東急田園都市線で教師が下半身露出

東急田園都市線で教師が下半身露出し、駅員を殴った。横浜市青葉区荏田町、私立目黒学院高校英語教諭、佐藤正人容疑者(45)は2007年11月7日、東急田園都市線上り電車内で下半身を露出した。佐藤容疑者はあざみ野駅で降りたが、駅員が待ち構えていたため、線路に飛び降りて反対側のホームに逃走。下りホームで、男性駅員(49)の顔を殴り、別の駅員に取り押さえられた(「私立高教諭が電車内で下半身露出し駅員殴る…横浜」読売新聞2007年11月8日)。

東急電鉄の終日女性専用車両に批判集中

東急電鉄は終日女性専用車両を導入した(2005年7月25日)。12歳以上の男性全てを一律に性犯罪者予備軍と決め付け、横浜方先頭車より締め出しを行っている。東急電鉄に対しては批判が集中している。痴漢抑止のための根本的な対策(混雑緩和、セキュリティ対策、車内巡回)は採らずに、特定の乗客に負担を強いるものだからである。

表面的なイメージ向上政策のために特定の乗客に負担を押し付ける。同一運賃を払っているのに男性が乗れない車両があるのはおかしい。東急グループの商品を購入しない東急不買運動や女性専用車両に乗り続ける「抗議乗車」にも発展している。

女性専用車輌は、一見すると女性を尊重しているようであるが、女性専用車輌以外の女性に対しては無頓着である。しかも女性専用車輌導入が男性差別であることに全く気づいていない。これでは性差別にも無神経と言わざるを得ない。

10両編成の電車に、女性専用車両が1両設定されていたら、女性が乗車可能な車両は計10両、男性が乗車可能な車両は計9両になる。同じ料金を支払ってサービスに差をつけるのは男性差別である。

東急電鉄は休日には「本日は女性専用車両の運用を行っておりません、どなたさまもご利用いただけます」 とアナウンスした。金を払っている乗客に対し、偉そうにふんぞり返った態度である。東急電鉄の勘違いは甚だしい。

東急東横線の利用客の減少が止まらない。利用客減少の理由として湘南新宿ラインと終日女性専用車が挙げられる。他の鉄道会社がラッシュ時のみの実施であるが、東急は終日の実施。当然、男性客からの反発・抗議は苛烈を極め、また現場の東急職員も、連日の抗議に憔悴しきっている。

問題点

女性専用車両導入により、空いている車両と混雑している車両が発生し、乗り切れない場合や乗降時間が長くなる場合があり、列車遅延の原因にもなる。乗車率が偏ると事故にもつながりかねない。男女グループで乗る場合、別れ別れになるか、普通車両に乗ることになる。父親と娘が乗る場合、子供を混雑した車両に乗せなくてはならない

女性専用車両導入により、男性が一両分使えなくなるが、それによって一般車両の混雑率がどの程度増加するかについてはニュースリリースでは一言も触れらていない。これでは女性専用車導入について都合の悪い情報を隠蔽していると言われても仕方ない。

しかも女性専用車両の痴漢抑止効果は疑問視されている。女性専用車両に乗らない女性は、痴漢の被害にあっても止むを得ないということになりかねない。実際、乗客の多くは乗車駅や下車駅の階段に近い車両を選ぶものである。

先頭車両を専用車両とすることにも批判がある。「先頭車は事故の時に怖い」「人身事故を見てしまう可能性がある」との懸念から、先頭車を避ける女性は多い。この点からも東急電鉄がイメージ先行で、女性心理を真摯に分析していないことがわかる。

もし男性専用と女性専用に完全に分離することができれば車内の痴漢を撲滅することができるだろう。しかし専用車両は一部にとどまり、混雑度の増した一般車両に乗車する女性には痴漢冤罪のリスクが上昇しているのが現実である。痴漢対策とは無関係な女性優遇サービスにすらなっていない。

人種差別

東急電鉄からはアパルトヘイト政策下の南アフリカでの白人専用車両を想起させる。米国では、黒人と白人の専用車両を設けることを合憲とした1896年の最高裁判決は20世紀の半ばまでに完全に覆された。東急電鉄はアメリカや南アフリカで白人専用車両が廃止された歴史を知らないのだろうか。

「特定非営利活動法人 年齢差別をなくす会」は東急電鉄に対して、女性専用車輌の導入に関する意見書を提出した(2005年8月29日)。 これに対し、東急電鉄はピント外れの回答をした(2005年8月29日)。

神奈川新聞アンケートで批判集中

神奈川新聞が東横線の女性専用車導入について、ネット上で実施したアンケートでは201件の回答があり、内訳は反対131、賛成27、その他43であった。実施期間は導入初日の7月25日より8月8日までである(「女性専用車両の終日導入に大きな反響/東横線・MM線」神奈川新聞2005年9月18日)。

東急不動産・東急リバブル不買運動Part2
55 :ナナシズム:2006/04/13(木) 01:08:24 ID:r4ipF0+8
東横線特急・急行の女性専用車、終日運行とは
乗客をナメてますねえ。
初めて乗ってムカつきました。
東急って、ヘン過ぎる会社です。

女性専用車両反対

交通の男性差別に反対する会 女性専用車両に反対する会 東急中目黒駅員の乗客に対する無礼な振る舞い

東急電鉄施設の危険性

東急電鉄の施設は危険だらけである。五島慶太は「予算即決算主義」を社是としていた。予算即決算であるため、予算にないものは支出せず、安全に対するコストは後回しにされることになる。

東急東横線渋谷駅で女性が電車とホームに左足挟まれ切断

東京都渋谷区渋谷の東急東横線・渋谷駅で2012年8月15日午前5時45分頃、20代の女性が電車とホームの間に左足を挟まれ、切断する事故があった。電車は、回送電車として渋谷駅に入ってきた後、元町・中華街行き下り急行電車(8両編成)として乗客を乗せて出発した。この際、女性は乗車用として開いていたドアと反対側の閉まったままのドア側にいて、足を挟まれたという。この事故で、女性は、左足をほぼ切断する重傷を負った。

発車の際、車掌は乗車ホーム側を確認していたが、降車ホーム側の女性には気づかなかったという。東急電鉄は発車時は、乗車ホーム側は車掌が、降車ホーム側は警備員がそれぞれ安全確認することになっていると説明する。

しかし、警備員が女性に気付いたタイミングは発車後であった。警備員は発車後に女性が電車とホームの間に足をはさまれていることに気づいた。警備員は非常停止ボタンを押し、電車は緊急停止した。この事故で東横線とみなとみらい線計35本が運休、計1万8000人に影響が出た。

「東急東横線・渋谷駅で20代女性が電車とホームに左足挟まれ切断」2012年8月15日
「<人身事故>降車ホームで足はさまれ大けが 東横線渋谷駅」毎日新聞 2012年8月15日

東急東横線で車椅子の女性が転落死

東京都大田区の東急東横線多摩川駅で2009年9月13日、車椅子の女性が下りホームから線路に転落し、翌日死亡する事故が起きた。警視庁田園調布署によると、このホームは線路に向かって傾斜しており、2年前にも車いすの転落事故が起きていたが、東急電鉄は抜本的な対策を講じていなかった。田園調布署は、同社の対応に問題がなかったか事情を聴いている。

13日16時半頃、車椅子に乗った川崎市の無職女性(81)が、付き添いの長女(61)とエレベーターで1階改札から2階ホームに移動。長女が下で待っている利用者のためドアのボタンを押して閉めようと車椅子から手を離したところ、車いすが約4.7メートル動き、約1.2メートル下の線路に転落した。女性は駅員に救助されたが、頭を強く打ち14日午後7時頃死亡した。

東急電鉄によると、駅のホームは通常、雨水を排水するため線路に向かって1メートル当たり約1センチ傾斜しているが、多摩川駅の線路は緩い右カーブになっており、線路に合わせてホームを2.5センチ傾斜させていた。現場のホームでは07年9月にも車いすの95歳の女性が、付き添いの家族が離れたすきに線路に転落し足を骨折する事故が起きていた(佐々木洋「東急東横線:傾斜ホームで車いす転落死 2年前にも事故」毎日新聞2009年9月17日)。

東急電鉄7駅で車椅子転落の危険性

東急東横線多摩川駅転落死事故を受け、東急電鉄が調査を行った結果、別の7つの駅でも、ホームの傾斜が原因で車椅子が線路に転落する危険があることが分かった。転落の危険があるのは、東横線の新丸子、中目黒、自由が丘、武蔵小杉と田園都市線の渋谷、鷺沼、長津田の各駅。

同社は、ホームにエレベーターがあり、柵などの転落防止策をとっていない54駅を調査。多摩川駅の事故現場はホームから線路への傾斜が1メートル当たり2・5センチだったことから、1メートル当たり2センチ以上の傾斜がある場所を調べた。その結果、7駅のホームに1メートル当たり2センチ以上の傾斜がつけられていたことが判明した(「東急7駅ホーム過傾斜、車いす転落のおそれ」読売新聞2009年9月26日)。

東急電鉄、9割弱の駅や車両でアスベスト使用

東京急行電鉄は駅や車両でアスベスト(石綿)を使用していることが判明した(2005年8月12日)。多くの駅や車両で使用されていることが判明しており、乗客にとって脅威である。

全97駅(田園都市線渋谷駅は委託駅のため除く)中、86駅において、天井や外壁に石綿を含有するボードやスレートを使用している(約87%)。そのうち4駅では吹き付け石綿を使用している可能性がある。

車両も全1122両中、975両で石綿を含有する部品を使用する(約87%)。東急電鉄は「石綿が飛散する可能性はございません」とするが、振動の激しい車両という性格を考慮すると本当に飛散しないのか疑わざるを得ない。「飛散する可能性がない」と一方的に断定するが、空気中の濃度測定等を実施した上での判断であるか不明である。

他にも変電所等における電気設備の一部の部品において、石綿を含有する部品を使用する。また、高架区間などの防音壁にも石綿を含有した資材を使用する。

地下区間における通風口の一部の吸音材に石綿を含有している可能性があり、石綿の含有の有無について調査中である。調査の結果、石綿の含有が認められた場合は除去等の対策を行う予定である。巨額の除去費用が特別損失につながる可能性もある。

東横線渋谷駅で天井落下

通勤ラッシュ時の東急東横線渋谷駅で階段の天井からモルタル塊(縦約4m・横約60cm)が落下し通行人に当たる。4名が負傷した。階段の一部をエスカレーターにする工事中であった(2001年7月6日)。

大地震で東急田園都市線のトンネル損傷の恐れ

大規模地震が発生すると、首都高速道直下を走る東急田園都市線のトンネルが、構造上の問題で損傷する恐れがあることが判明した。問題の箇所は首都高渋谷線の池尻−三軒茶屋の約2.4キロ区間。首都高速高架橋の橋脚とトンネルの外枠がつながる大都市特有の一体構造になっている。

地震が発生すると、一体化した構造物でありながら、地上部と地下トンネルでは揺れ方にずれが生じることが明らかになった(「大地震でトンネル損傷恐れ 首都高直下、補強工事へ」共同通信2005年10月22日)。阪神大震災級の場合、揺れのずれが原因となり、トンネルの内壁に斜めに亀裂が入る「せん断破壊」を起こす可能性がある(「首都高直下の東急線 地震時トンネル危険」東京新聞2005年10月22日)。耐震補強工事は「年明けにも実施する」とするだけで具体的に明らかにしていない。随分悠長な対応である。東京急行電鉄の問題先送り体質がよく現れている。

東急東横線元住吉駅新駅舎に失望

東急東横線の元住吉駅(川崎市中原区木月)新駅舎に失望の声があがっている。新駅舎は2006年9月24日から一般利用に供される。慣れ親しんだ旧駅は見納めと二百人余りの鉄道ファンや地域住民らが最終電車にカメラを向けた(「元住吉駅周辺の線路を高架化/川崎」神奈川新聞2006年9月25日)。「ふと安心させる情緒のある駅でした。また、世の中が同じ 風景になっていって 残念!!!!」(コンビニバイヤーのやらまいか!「さようなら 最も東横線らしくない元住吉駅。」2006年9月23日)。

東急東横線学芸大学駅と都立大学駅は公害

東京急行電鉄の東横線学芸大学駅と都立大学駅は迷惑な駅名である。最早、公共物の名前としては公害ですらある。東京学芸大学は1964年に東京都小金井市へ移転した。東京都立大学(現在の首都大学東京)も1991年に東京都八王子市南大沢へ移転した。しかし両駅とも駅名は変えていない。そのため、大学入学試験日に受験生が間違えて下車してしまうことがある。東急電鉄は駅名変更に伴う看板代をケチっているのか。それが倒窮クォリティ、ケチ急クォリティなのか。

混乱回避のために日本一長い駅名変更

日本一長い駅名の一畑電車北松江線「ルイス・C.ティファニー庭園美術館前駅」(松江市)が変更される。2007年3月31日に美術館が閉館するためである。同社は混乱を避けるため、4月末を目処に変更する予定。吉田伸司管理部長は「利用者に迷惑を掛けないよう変えざるを得ないが寂しい」と話す(「日本一長い名前の駅が寂しく「名称変更」松江市」スポーツニッポン2007年4月1日)。東急東横線都立大学駅や学芸大学駅のように大学が移転しても駅名を変えない東急電鉄とは大違いである。

東急目黒線、用地買収遅れで延伸延期

東京急行電鉄(東京都渋谷区、越村敏昭社長)は2007年6月21日、目黒線(目黒-武蔵小杉)の日吉駅への延伸時期を二〇〇八年六月にすると発表した。二〇〇〇年四月から工事を始め、当初は〇七年度中の延伸を目標としていたが、用地買収の遅れで延期したという(「目黒線、日吉駅延伸を08年6月に延期/東急」神奈川新聞2007/06/21 )。

東急電鉄らの自動改札機トラブル

東急電鉄らの多くの駅で2007年10月12日朝の通勤ラッシュ時に自動改札機トラブルが発生した。始発から改札機の電源を入れても作動しなかった。さいたま市浦和区の男性会社員(54)はトラブルについて「人を減らした機械化で、ありえることだとは思っていた。(鉄道会社が)そういうことを予想しておかないと」と話す。

「素通りで混乱回避 朝のラッシュ直撃 首都圏改札障害」朝日新聞2007年10月12日
「首都圏で自動改札ストップ」スポーツ報知2007年10月12日

東急電鉄ら通学定期代取りすぎ

東京急行電鉄らが、JR東日本などとの連絡通学定期券で学生の割引区分を誤って発券し、利用者から料金を取り過ぎていた。ミスは長年続いていた可能性が高く、金額がわかった9事業者だけで取り過ぎは計1963人分、488万円に上る。2008年4月30日に判明した8社では、東急の69万9490円(昨年7月から)が最高。

いずれもJRとの間の通学定期券の学生区分の違いに係員が気づかなかったのが原因。私鉄などは「小児学生(小学生)」と「大人学生(中学〜大学生)」の2区分だが、JRは旧国鉄時代の1968年から「小学生」「中学生」「高校生」「一般(大学生)」の4区分になっている。

このため、たとえば私鉄の駅で高校生に連絡定期券を発券する場合は、自社では区分を「大人」とし、JR用に「高校生」とする操作をしなければならないが、「一般」のまま料金設定してしまうケースがあった。

「通学定期代取り過ぎ1963人分」読売新聞2008年4月30日
「定期代の過大徴収総額620万円超え 2600人から、首都圏12鉄道」産経新聞2008年4月30日
「東西私鉄で料金過収受 92の事業者調査へ」FujiSankei Business i. 2008/5/1

東急バス不祥事

東急バス運転手の右翼団体幹部、病院恐喝未遂で逮捕

駐車場の立ち退き料名目で「公立昭和病院」(東京都小平市)から現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁公安三課と小平署は、右翼団体「日本青年社忠龍塾」(横浜市青葉区)幹部で、東急バス運転手の蔵持竜一容疑者(46)(小平市天神町2)を恐喝未遂の疑いで逮捕した(2006年5月22日)。

調べによると、蔵持容疑者は自ら借りていた自宅近くの民間月決め駐車場を病院改築工事に伴い、公立昭和病院が全面借り上げすることになり、不動産会社から契約解除を通告されたことに立腹(「右翼幹部のバス運転手逮捕・病院恐喝未遂で警視庁」日本経済新聞2006年5月22日)。2006年3月23日から4月4日までの間、4回に渡り、同病院の改築部長に対し、「こういう話は100万円だ。街宣車を回してもいい」「迷惑料だ。10万から20万円出せ」と、現金を脅し取ろうとした疑い。

公安部などによると、蔵持容疑者は1986年、東急バスに入社し、現在は川崎市内の営業所に勤務、主に路線バスの運転を担当している(「東急バス運転手の右翼団体幹部、病院恐喝未遂で逮捕」読売新聞2006年5月22日)。

東急バスが渋谷で女性をひき殺す

2007年7月29日午前9時15分頃、東京都渋谷区道玄坂一丁目の渋谷駅西口バスターミナルで、東急バスの路線バスがターミナル内を歩いていた70歳代の女性をひいた。女性は頭などを打ち間もなく死亡した。東急バスは降車場からバス乗り場に向かって進行していた。

警視庁渋谷署は自動車運転過失傷害の現行犯で、バス運転手の利根川芳雄容疑者(30)を逮捕。容疑を自動車運転過失致死に切り替えて捜査するとともに、女性の身元を調べている。

調べでは、バスが降車場を発車し右折しようとした際に路上にいた女性と衝突、転倒したところを左前輪でひいたらしい。バスは渋谷駅から田園調布駅に向かう途中であった。運転手は「他のバスからクラクションを鳴らされるまで(衝突したことは)わからなかった」と話す。

「東京・渋谷でバスにひかれ女性死亡、運転手を逮捕」産経新聞2007年7月29日
「渋谷で路線バスにひかれ女性死亡」スポーツ報知2007年7月29日
「バスターミナルではねられ死亡」カーセンサーnet 2007年8月1日

東急バス【お詫び】渋谷駅前における歩行者死亡事故について

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/30(月) 05:08:45 
東急バスなら、人を轢き殺しても不思議はない 
もう東急バスは会社清算しろ 

39 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/01/24(木) 16:59:16 
渋谷で婆さん轢き殺した運転手、祖師谷折り返し所と世田谷区民会館で旗振り 
として復活したな〜。 

41 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/02/01(金) 13:19:58 
人一人殺しておいて復帰する神経が分からない。 

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2008/02/01(金) 14:17:59 
よく会社に居れるよな 
相当図太い神経してるんだろな 

68 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/02/16(土) 23:09:16 
渋谷で婆さん轢いた奴、創価学会の信者みたいだよ。 
宗教信じてるのに救われてないじゃん!! 

95 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/03/19(水) 23:07:55 
渋谷で婆さん殺した奴、宗教の勧誘なんかしてんじゃね〜よ。 
説得力ないんだよ。 

101 :名無しさん@お腹いっぱい:2008/03/22(土) 18:34:15 
利根川芳雄には気をつけろ。 
婆さん轢き殺したうえに、創価学会に強引に入会させられ、御本尊5000円 
で売り付けられるぞ。 

東急バス運転手の暴言

東急バス運転手のブログでの暴言に非難が集中した。東急バスの路線バスが渋谷駅西口バスターミナルで高齢の女性を轢き殺した事件に対し、「ジジイやババアみたいなゴキブリは出歩くな!」と暴言を吐いた。これに対しては、「言葉が汚い 言い過ぎ」「自分も年をとればわかります。皆さん好きで体が不自由になったのではないのですよ」と批判された。

問題のブログ「T-BUS PILOTの言いたいこと言ってみた。」は暴言だらけである。「バスの運転の基本は威嚇」と言い、自転車に廃棄ブレーキを全開にして排ガスを浴びせたと自慢げに記述する。女性従業員を性欲の対象としてしか見ていない。「なんかこの頃女の子の質落ちてませんかぁ( ̄ε ̄;)ババアとブサイクしかいねぇっすねぇ」。その後、問題のブログ「T-BUS PILOTの言いたいこと言ってみた。」は閉鎖された。

東急バスの死亡事故

渋谷発祖師谷大蔵行きの東急バスで死亡事故が起きた。2008年2月2日午前8時10分頃、世田谷区池尻の国道246号交差点で、渋谷区神宮前のビル管理業、野口富造さん(71)のバイクが、東急バスと衝突し、野口さんは全身を強く打って間もなく死亡した。警視庁世田谷署で事故原因を調べている(「路線バスと衝突、男性死亡 東京」産経新聞2008.2.3)。

東急従業員の犯罪被害

東急リバブル従業員刺殺

東急リバブル従業員が刺殺された。殺害されたのは、神戸市東灘区向洋町中の森永彰さん(30)。森永さんは2002年に入社し、関西支社法人営業課に所属した。2008年2月1日午後7時頃から、同僚や取引先の男性4人、女性5人と大阪市北区芝田の複合商業施設「北野阪急ビル」(通称DDハウス)1階で会食。同9時半頃、2次会で2階のショットバーに来ていた。

森永さんは1人で約50メートル離れたトイレに行った際に襲われた。刺された直後、友人らに「トイレに誰かがいて刺された」と話したという。用足しに立ったのは数分間だった。病院に運ばれたが間もなく死亡が確認された。遺体の胸に2か所、深い刺し傷があり、手にも身を守ろうとした際に付いたとみられる切り傷があった。

【大阪】「トイレに誰かがいた。刺された」…梅田の刺殺事件、トイレで何らかのトラブルか

332 :名無しさん@八周年:2008/02/03(日) 10:23:32 ID:bcPRUXf00
これって。 
強盗だったら「金をゆすられて刺された」とか「強盗にやられた」とかいうと思う。 
「トイレに人がいた」って 
なにか自分側に非があったので、いかにも、イキナリ刺されたみたいに聞こえる。 
何か粋がったことをしたのではないかな? 

337 :名無しさん@八周年:2008/02/03(日) 10:46:22 ID:32BLPZQt0
郊外に帰る電車の中で、トイレに人が入ってるのに 
ドアをどんどん叩いて急かしてる酔っ払いを見たことがあるが、 
これと同じような事して相手がキレたんだろう。 

東急エージェンシー社員殺害(2004年3月)

広告代理店「東急エージェンシー」の社員であった石見朋秀さん(36)(東京都目黒区)が印刷会社「サンタファクトリー」社長、井藤武人(38)(大田区)に殺害された。東京都渋谷区の路上に止めた自分の乗用車内で石見さんの首をロープで絞めて殺害。死体を切断した上、山梨県鳴沢村の樹海に捨てた。

サンタファクトリー社は1998年に設立され、東急エージェンシーから仕事を受注していた。石見さんは、この会社を興す際に出資したが、2人の間には多額の借金をめぐるトラブルがあったという。警視庁目黒署特捜本部の調べに対し、井藤は「東急エージェンシーからの仕事を請け負う見返りとして、石見さんからリベートを要求されていた。(石見さんの)自宅のローンや携帯電話代まで支払うよう求められた」などと殺害の動機を供述。昨年以降、石見さんに支払った額は約1000万円に上り、「生活できなくなるほど追いつめられていた」と話す。

東急沿線犯罪

東急田園都市線梶が谷駅からの帰宅者が刺殺される

東急田園都市線梶が谷駅からの帰宅者が刺殺された。2006年9月23日、午前零時過ぎ、川崎市宮前区梶ケ谷のJR貨物梶ケ谷ターミナル駅高架下の市道トンネル内で、近くに住むアルバイト黒沼由理さん=当時(27)=が刺されて倒れているのが見つかり、死亡した。

黒沼さんは東急田園都市線梶が谷駅の改札から徒歩で帰宅中であった。22日午後11時40分頃、最寄りの東急田園都市線梶が谷駅の改札を一人で出る黒沼さんの姿が防犯カメラに映っていた。この事件は未解決のままで、同県警は通り魔による犯行の可能性が高いとみて捜査を続けている。梶ヶ谷付近では過去にも通り魔事件が多発している。

東急田園都市線梶が谷駅周辺で、また通り魔

2007年4月5日午後10時20分頃、川崎市宮前区野川の路上で、歩いて帰宅途中の女性(40)が男に刃物で背中を刺された。男はそのまま逃走した。神奈川県警宮前署によると、女性は病院に運ばれたが、命に別条はなく、軽傷だという。同署は傷害事件として逃げた男の行方を追っている。

女性は救急隊員に「知らない人に刺された」などと話したという。今回の現場は、東急田園都市線梶が谷駅の南約三キロ付近の第三京浜の側道になっている路上で、周囲は住宅街。現場道路は夜間は人けが少なく、道も暗いという(「路上で女性刺される 昨年のトンネル通り魔現場近く 帰宅途中、男逃走」東京新聞2007年4月6日)。今回の現場から約一・五キロ北では東急田園都市線梶が谷駅からの帰宅者が刺殺されている。

東急田園都市線梶が谷駅帰宅者殺害現場に落書き

東急田園都市線梶が谷駅からの帰宅者が刺殺された梶ケ谷トンネル内の壁が落書きされた。2006年9月にアルバイトの女性=当時(27)=が通り魔に刺殺された現場である。神奈川県警宮前署の調べでは、トンネルの壁面約60メートルに青のスプレーで落書きされていた。落書きは、地元の中学生らがトンネルの雰囲気を明るくしようと作成した魚などの壁画の上に書かれていた(「トンネルに壁画 2人組落書き 川崎市」産経新聞2007年9月9日)。同署が器物損壊事件として調べている。

東急田園都市沿線でひったくり相次ぐ

東急田園都市沿線(横浜市青葉区)で2007年5月9日夜、ひったくり(未遂含む)が五件相次いで発生した。発生場所が区内の東急田園都市線あざみ野〜たまプラーザ駅周辺の半径約一キロ圏内に集中し、いずれもオートバイやミニバイクを使った犯行である。

同日午後九時半ごろ、同区美しが丘四丁目の路上で、徒歩で帰宅途中の同区内在住の男子大学院生(23)が、後方から近づいてきた二人乗りのオートバイの男らに、手に持っていたバッグをひったくられた。

約四十五分後には約二キロ離れた同区あざみ野南三丁目の路上で、歩いていた同区内在住のアルバイト男性(68)が、後方からオートバイで近づいてきた男に肩掛けしていた上着をひったくられた。

その後も同日午後十時二十五分ごろから約二十分間に同区新石川や美しが丘で三件連続でひったくりが発生。同区内在住の男性会社員(32)が手に持っていた現金約三万円入りのバッグをひったくられるなどした。

犯行はいずれもオートバイやミニバイクで後方から近づき、追い抜きざまにひったくる手口。犯行によってオートバイの特徴が異なっていたものもあるという。

東急あざみ野駅近辺で、ひったくり続出

東急あざみ野駅近辺で、帰宅途中の男性を狙ったひったくり事件が2007年3月から5月にかけて相次ぎ、5月24日現在で計二十三件(未遂四件を含む)が発生している。県警は同一犯の可能性が高いとみて調べているが、男性のひったくり被害は珍しく、県警は「女性と比べ、警戒心が薄く狙いやすいのでは」と、注意を呼び掛ける。

調べでは、いずれもオートバイかミニバイクに乗った男による犯行で、短時間のうちに、夜間の住宅街の路地で次々と帰宅中の男性から追い抜きざまにバッグなど盗む手口。目撃情報から、二十歳くらいの男による単独犯とみられる。三月にショルダーバッグを盗まれたという男性は「ゲーム感覚で、襲っているとしか思えない」と話す。

「【第一報】青葉区でひったくり5件相次ぐ」神奈川新聞2007年5月10日
「男性を狙ったひったくり事件が相次ぐ/横浜、川崎」神奈川新聞2007年5月26日
「ひったくり事件多発 オヤジ立ち上がる」朝日新聞2007年5月25日

東急世田谷線世田谷駅近くの民家に強盗

東急世田谷線世田谷駅近くの民家に強盗が押し入り、一人が死亡、二人が重傷を負った。2007年5月16日午前10時20分頃、東京都世田谷区世田谷1、無職松沢正太郎さん(94)方で、外出先から帰宅した妻の愛子さん(87)が玄関の呼び鈴を鳴らしたところ、ドアが開いた途端、中から出てきた男に無理やり玄関に引き込まれ、バールのようなもので頭を殴られたうえ、ネクタイで両手を縛られた。

男はそのまま室内を物色し、現金約10万円などを奪って逃走した。室内には、松沢さんと体の不自由な三男の勇さん(45)が留守番をしていたが、2人ともバールのようなもので頭を殴られており、正太郎さんが意識不明の重体の後、死亡した。

愛子さんと勇さんも頭に大けがをしており、警視庁世田谷署で強盗傷害事件として男の行方を追っている。男は、愛子さんが近所に出かけた5分程度のうちに、無施錠の玄関から侵入し、室内を物色中に愛子さんが戻ってきたとみられる。

世田谷強盗事件でATM照会

東急世田谷線世田谷駅近くの松沢正太郎さん(94)方で一家三人が死傷した強盗事件で、松沢さんのキャッシュカードを使って現金自動預払機(ATM)から現金を引き出そうとした男が、約十五分後に別のATMで残高照会をしていたことが十八日、警視庁世田谷署捜査本部の調べで分かった。二カ所は、二・四キロ離れている。捜査本部は、男は周辺の地理に詳しく、バイクや自転車、車などを使って移動したとみて、目撃者を捜している。

調べでは、男は事件直後の十六日午前十時四十七分ごろ、小田急線千歳船橋駅前の三菱東京UFJ銀行のATMコーナーで残高照会をし、失敗したためカードを残して立ち去った。男は、同十時半ごろにも、松沢さん方から約三百メートル離れた東急世田谷線上町駅付近の同銀行世田谷上町支店で、現金引き出しや残高照会を繰り返したが、暗証番号が分からず引き出せなかった。

「東京・世田谷の民家に強盗、94歳殴られ重体2人大けが」読売新聞2007年5月16日
「別のATMでも照会 世田谷の強殺 現場周辺に詳しい?」東京新聞夕刊2007年5月18日

東急田園都市線青葉台駅付近で300万円強盗

東急田園都市線青葉台駅の南約100メートルの商店街で300万円が奪われた。2007年6月17日午後11時45分頃、横浜市青葉区つつじが丘の路上で、パチンコ店の売上金を積んだ車の前に乗用車が回り込み、正面衝突した。約200メートル車を押し戻し、降りてきた覆面の数人の男が金属バットで脅すなどして現金約300万円を奪い逃走した。

乗っていたパチンコ店の店長2人が衝突の衝撃で負傷した。青葉署は強盗事件とみて男らの行方を追っている。調べでは、男らは布製の目出し帽をかぶり、車の車体をバットでたたきつけ、フロントガラスなどを割り店長らを脅したという。車は盗難車で、ほかの車に乗り換えて逃走したとみられる。店長2人は神奈川県大和市の2支店から現場近くの本店に売上金を持って行く途中だった。

「車衝突させパチンコ店の売上金300万円奪う 横浜」産経新聞2007年6月18日
「売上金を積んだ車が襲われ、300万円被害/横浜」神奈川新聞2007年6月18日

東急東横線日吉駅前でホームレス変死

横浜市港北区の東急東横線日吉駅前で2007年6月7日、ホームレスとみられる木村健二さん(53)が遺体で見つかった。港北署は、現場の状況などから傷害致死事件との見方を強めている。二週間経過後も捜査に進展はなく、長期化する捜査に地域住民から不安の声が上がっている。

これまでの調べでは、木村さんの死因は頭蓋(ずがい)内出血と脳挫滅。側頭部に深い外傷があるほかは目立った傷はなかった。当初はひき逃げの疑いもあったが、捜査員は「ひき逃げなら、ほかにも傷があるはず。押されるなどして倒された可能性が高い」と話す(「ホームレス変死から2週間、住民に広がる不安/横浜」神奈川新聞2007/06/22)。

東急東横線・日吉駅前でバイクで歩行者蹴り死なす

東急東横線・日吉駅前の商店街において、オートバイで走りながら歩行中の男性を蹴り死亡させた事件が起きた。神奈川県警港北署は2007年10月10日、傷害致死の疑いで、住所不定、無職の井関太志郎容疑者(22)を逮捕した。

同容疑者は、6月7日午前4時半ごろ、横浜市港北区の商店街を通る市道を走行中、横断していた住所不定、無職の木村健二さん(当時54歳)に対して、バイクを発進させながら蹴る荒技で転倒させ、頭蓋骨内出血で死亡させた疑い。

井関容疑者は、6月7日午前4時半ごろ、コンビニに行くため、暗くて人気のない商店街を、200ccの中型バイクで走行。たまたま歩いていた木村さんの横をすれ違いざま、左足を前に出して腹を蹴った。木村さんは転倒して、頭を縁石で強打したという(「前横切られキレた!バイクで歩行者蹴り死なす」スポーツ報知2007年10月11日)。

東急目黒線武蔵小山駅周辺で薬物密売

東急目黒線武蔵小山駅周辺で薬物密売が行われていた。警視庁はイラン出身でニュージーランド国籍のホセイン・ラハマティ容疑者(31)=東京都品川区小山台1丁目=と兄のイラン人らの売人グループ5人、客の男女19人を覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕した。渋谷など繁華街での薬物密売に対する摘発が厳しくなっていることから密売拠点を住宅街に移す動きとみて、警戒を強めている。

組織犯罪対策5課と荏原署などの調べでは、ホセイン容疑者らは2007年11月27日、自宅などで薬物を営利目的で所持した疑い。押収した薬物は、覚せい剤約408グラム、大麻約510グラム、コカイン約30グラム、合成麻薬MDMA91錠などで、末端価格は計約3000万円に上る。

グループは、裏サイトや電話で薬物の注文を受け、待ち合わせ場所として品川区の東急目黒線武蔵小山駅周辺の住宅街にある駐車場やコンビニエンスストアを指定。訪れた客を細い路地に移動させ、薬物を売っていた(「都内住宅街で薬物密売容疑 イラン人・客ら24人逮捕」朝日新聞2007年12月14日)。

東急池上線戸越銀座駅前で通り魔

正月の東急池上線戸越銀座駅前(東京都品川区)で通り魔事件が発生した。2008年1月5日午後3時20分頃、商店街「戸越銀座」で、両手に包丁を持った男が叫びながら通行人を襲撃。男女5人を次々と切りつけた。殺人未遂の現行犯で逮捕されたのは、同区の高校2年の少年(16)。被害は軽傷2人ですんだが、少年は「誰でもいいから、皆殺しにしたかった」と供述している。

少年は、東急池上線戸越銀座駅前から商店街を西方・中原街道に向かって約400メートルを全力疾走。「バカ野郎」「俺は悪くない」「待て待て〜っ」「置いて行くなよ」などと叫びながら、5人を次々に切りつけていった。

「16歳包丁少年、品川・戸越銀座で5人襲撃…「皆殺しにしたかった」」スポーツ報知2008年1月6日
「高校生 商店街で通り魔 2人に軽傷、現行犯逮捕」東京新聞2008年1月6日

東急東横線で内部資料入りのカバン盗難

東急東横線の電車内で、会社の内部資料や電子記録媒体などが入ったカバンを盗まれた。盗難被害を受けたのはJR東日本の男性課長(48)である。2007年11月中旬に帰宅途中の東急東横線の電車内で盗まれた。約1週間後、課長あてに「重要な書類が入っていた。問題にされたくなかったら1000万円を振り込め」という内容のメールが送られてきた(「JR東日本課長が内部資料入りのかばん盗難 拾い主?がメールで1000万要求」産経新聞2008年1月18日)。

東急多摩川線鵜の木駅前で傷害致死事件か

東急多摩川線鵜の木駅前の商店街で傷害致死事件が起きた可能性がある。東京都大田区鵜の木3丁目のマンション4階に住む藤家英樹さん(53)は2008年1月26日午前5時頃に帰宅し、同居の女性に「背中から血が出ているので止めてくれ」と訴えた。男性は背中など数カ所に切り傷があるという。救急車で病院に運ばれたが、間もなく死亡した。

男性のマンションから数百メートル離れた東急多摩川線鵜の木駅前の商店街の路上に血痕があるのが見つかった。さらに、マンションの手前の路地にも血痕が残っていた(「帰宅前に切られる? 男性死亡 東京・大田」朝日新聞2008年1月26日)。

東急田園都市線あざみ野駅最寄り住宅街で硫化水素自殺

東急田園都市線あざみ野駅から約800メートルの住宅街で2008年4月26日、硫化水素による自殺事件が発生した。現場は田園都市線あざみ野駅から約800メートルの横浜市青葉区新石川のマンション(七階建て)の四階である。

異臭が発生したマンションの部屋の浴室で高校三年の男子生徒(17)が倒れており、間もなく死亡が確認された。室内から硫化水素が検出された。室内に張り紙があったことなどから、青葉署は自殺とみている。マンションの住民ら約50人が一時、近くの大学の建物に避難した。うち1人が体調不良を訴え、病院に運ばれた。

「高3男子が硫化水素で自殺 マンション住民ら50人避難」中国新聞08/4/27 
「横浜で高3男子が硫化水素自殺」スポーツ報知2008年4月26日
「横浜市青葉区で高3男子が硫化水素で自殺」スポーツニッポン2008年4月26日
「硫化水素で住民避難 横浜市青葉区のマンション」産経新聞2008年4月26日

浜崎あゆみ109スクエアで無許可イベント

浜崎あゆみは渋谷区道玄坂の「109スクエア」で道路使用許可を取らずにイベントを行っていたと報道された。警視庁渋谷署は道交法違反(道路不正使用)の疑いで調べている。問題のイベントは2009年4月7日に行なわれた書籍「Ayuのデジデジ日記2000〜2009A」の発売を記念したサプライズイベントである。浜崎あゆみの所属事務所は、大勢の観客が集まり、通行人や車両など交通に影響を与える可能性があったのに、同署に道路使用許可を得なかった疑いが持たれている。

イベントスペース「109スクエア」は株式会社東急モールズデベロップメントが運営する。東急モールズデベロップメントは東京急行電鉄株式会社が100%出資する子会社である。109の担当者は無責任にも「実際に許可を取ったかは確認できない」と話す(「浜崎あゆみ、無許可で書籍販売イベント?」産経新聞2009年1月21日)。

109スクエアのウェブサイトでは「109スクエアをお借りいただくに際しての基本はイベントを実施するスポンサー様と109は同じメリットで動いていると考えております。」と書かれており、違法なイベントが行なわれたことは東急にとって他人事ではない。東急不動産消費者契約法違反訴訟アルス東陽町301号室事件や東急リバブル逆瀬川営業所迷惑隣人事件で見られた売ったら売りっぱなし体質は東急グループに共通する。

東急関連トラブル

東急リネンサプライ、公害防止協定違反

東急リネンサプライ株式会社(本社・東京都品川区)千葉工場(袖ケ浦市中袖、山本尚孝工場長)は袖ケ浦市に公害防止協定に基づく排水の水質測定で虚偽の結果を報告した(「東急リネンサプライ:千葉工場で汚水のデータ改ざん」毎日新聞2005年11月29日)。袖ケ浦市は千葉工場に対し、改善指示を出した(2005年11月28日)。同社はホテル用のシーツやタオル類のリース、クリーニング事業をしている。

千葉工場は洗濯後の汚水を活性炭で浄化し、東京湾に流している。同社は2005年7月9日から9月3日までの期間、6回にわたり、水質等測定データの化学的酸素要求量COD数値が協定に定める基準値を上回っていたにもかかわらず、あたかも基準値内であるかのようにデータを改ざんし、虚偽の報告書を作成、提出していた。市が再調査した結果、水の汚れの度合いを示すCODが、同協定の基準値10ppmを上回る11〜18ppmだった(「東急リネンが排水データ改ざん=公害防止協定違反の疑い−千葉」時事通信2005年11月25日)。

それ以前にも平成16年に3回、平成17年に12回にわたり、CODが基準値を上回った際に、データを改ざんし、虚偽の報告書を作成、提出していた。上記は社内調査で現在判明した限りである。公害防止協定では水の汚れの指標となるCODの基準値を一リットルあたり10ミリグラムと設定する。改竄前の数値はいずれも協定の基準値を上回った(「東急リネン 排水測定値を改ざん」中日新聞2005年11月28日)。

東急の名を冠した高利貸し

東急の名を冠した怪しい会社が高利貸し(ヤミ金)をしているとの情報がある(東急グループキャッシングプラザ、東急ファイナンス、東急信販、東急ネットワーク、気持ちが伝わるキャッシングTOKYU)。広告で「東急だから出来る安心の低金利」と謳っている。

武蔵工業大学研究用原子炉で漏水

武蔵工業大学(本部・東京都世田谷区)は学校法人五島育英会が運営する大学である。五島育英会(東京都渋谷区)は東急グループの一員である。東急関係者の子弟に大卒資格を与えるためのディプロマミル(学位販売業者)と揶揄する見解もある。学校法人が営利企業の傘下にあるとされること自体、好ましいこととは思われないが、首都圏三千万住民の生命・健康を脅かす事故が起きている。

武蔵工業大学:東急のディプロマミル

141 名前:名無しなのに合格 :2006/01/12(木) 01:42:16 ID:dMuuEBxi0
こんなとこはいったら人生終わりますよね・・・

武蔵工業大学原子力研究所(川崎市)の研究用原子炉が1998年12月に冷却水の漏水事故を起こした(藤田祐幸「武蔵工大原子炉漏水事故の意味するもの 役割を終わった原子炉は廃炉に」原子力資料情報室通信196号)。12月4日、原子炉照射室内の熱中性子取出し口下部壁面より、水のしみ出しが見られた。しかし、多くの事故に共通して見られることであるが、この時点で大学は対策をとらず、12月21日まで原子炉の運転を継続した。

12月21日夕方、原子炉の運転終了後に照射室内の点検を行ったところ、熱中性子取出し口下部台上に水溜りを発見した。調査により、原子炉タンク胴部に漏洩箇所を発見した。また、使用済燃料貯蔵プール水の一部が熱中性子柱床面下部空洞部へ漏れて来ていることが判明した。以後は炉を停止し、休炉状態としている。

廃炉を求める住民運動

1999年の年明けに新聞報道で事態を知った地域住民は、早速に研究所に出向き事情の説明を求めた。その後、地域の住民と市民団体で「武蔵工大の原子炉事故を考える会」を結成し、大学側に対して、老朽化した原子炉の廃炉を要求してきた。大学側は当初、住民側の要求を拒んでいたものの、2003年5月に理事会で廃炉を決定した。

文部科学省は2004年2月9日、武蔵工業大学の研究用原子炉の解体届を同大から受け取ったことを国の原子力安全委員会に報告した。解体工事は来年度から08年度まで。112トン生じる見通しの低レベル放射性廃棄物は当面、敷地内に保管する。

原子炉は老朽化が進行しており、安全性の問題とともに、使い勝手からも廃止は当然である。しかし廃炉で全ての問題が解決するわけではない。廃炉で放射性廃棄物が消滅してくれるわけではない。運転停止後の維持管理、安全性確保にも万全が尽くされなければならない。

武蔵工業大学知識工学部、定員超過率基準抵触

武蔵工業大学(世田谷区)は文部科学省が教育の質を維持することを目的として定めた定員超過率の基準に抵触した。抵触したのは2007年度に新設した知識工学部である。文科省の基準は学生数が過去4年間平均で定員の1.3倍未満であることだが、武蔵工業大は1.302倍であった。仮に入学者が1人少なければ、1.297倍でクリアできていたという。

このため、学校法人五島育英会(東京都渋谷区)は2007年5月22日、経営する武蔵工業大(世田谷区)と東横学園女子短大(同)の統合時期を、当初予定の2008年4月から1年延期し、2009年4月にすると発表した。定員超過率が認可に必要な基準をオーバーし、新学部の設置ができなくなったためで、2008年5月、文部科学省に改めて設置認可を申請する。

「武蔵工大、統合を1年延期=定員「1人超過」で基準満たさず」時事通信2007年5月22日
「武蔵工大と東横学園女子短大、統合を1年延期」読売新聞2007年5月22日

(C) 東急リバブル・東急不動産不買運動 2005-2009 All rights reserved. TOP
inserted by FC2 system