東急不買運動 HOME 過去表紙 English Page 林田力


東急不買トピックス

東急不動産と環匠アスベスト問題の共通点
東急不動産と環匠のアスベスト問題
FJネクスト・東急不動産反対運動の幟旗が破壊
東急不動産マンション仕上げトラブル
東急不動産コスパ悪すぎ
東急バス・東急電鉄の騒音

FJネクストと東急建設・上郷開発の自然破壊

FJネクスト(株式会社エフ・ジェー・ネクスト、FJ Next Co., Ltd. 8935)のガーラ・グランディ木場新築工事(江東区東陽)と東急建設の上郷開発(横浜市栄区上郷町猿田地区)は自然を破壊する。ガーラ・グランディ木場新築工事は緑地を10階建てワンルームマンション、上郷開発は里山を住宅地や商業地として開発する。

上郷町開発計画は市街化調整区域を市街化区域に変更する。東急建設は2007年にも開発計画を提案したが、横浜市都市計画提案制度評価委員会は、瀬上市民の森に連なる既存樹林地を大幅に改変することなどから提案内容を否決した。ところが、横浜市は2015年6月8日、都市計画提案評価委員会において東急建設の都市計画提案を採択し、市の案として進めていくことを唐突に決定し、公表した。住民団体は以下のように批判する。

「神奈川県が最近公表した大正型関東地震の被害想定によれば、開発計画地は震度「7」であり、液状化の危険度が極めて高いエリアであると表記されています。激甚な被害が想定されるこうした区域において横浜市はなぜ新たに市街地を形成し、開発を容認するのでしょうか。十分な検討が行われた形跡は見られません」(上郷開発から緑地を守る署名の会、上郷・瀬上の自然を守る会「東急建設による都市計画提案を採択した横浜市に抗議する」2015年6月13日)

日本共産党横浜市議団は林文子市長に開発不許可にするように申し入れた。岩崎広市議は「開発から緑を守る姿勢を貫くべき」と訴えた(「栄区開発の不許可要求」赤旗首都圏版8月19日)。

ガーラ・グランディ木場新築工事も上郷開発も計画地は都市化の進みきった中で残された貴重な緑地である。今や人口減少により住宅新築は不要である。自然の保全や生物多様性の維持が求められる。開発業者は利権の巣窟にどっぷり浸かって感覚が麻痺している。住民は開発業者の冷たい言葉のナイフで心臓をえぐられるような思いをしている。ハイエナ資本主義の利潤追求以外のところに目を向けた時、大切なものが見えてくる。

FJネクストは迷惑電話で評判が悪い(林田力『FJネクスト迷惑電話』Amazon Kindle)。マンション投資は経済的苦境を生み出し、消費者を悲惨な状況に追いやる。FJネクスト不買運動や東急不買運動を。FJネクスト不買運動や東急不買運動にかける思いは誰一人として優劣がない。心に期するものは皆同じである。FJネクスト不買運動や東急不買運動のエネルギーは巨大である。そこに自信を持とう。


瀬上沢だより 上郷開発から緑地を守る署名の会のブログ
http://segamizawa.blog54.fc2.com/


東急不動産東急リバブル不買運動

東急不買運動ハッシュタグ #東急不買 #東急不買運動 #不買運動 #不買 #東急 #tokyu #東急不動産 #東急リバブル #東急コミュニティー #東急ハンズ #不動産 #マンション #消費者
東急グループ不買運動ハッシュタグ #東京急行電鉄 #東急電鉄 #東急ホテルズ #東急バス #東急百貨店 #東急ストア


(C) 東急リバブル東急不動産不買運動(東急拒絶購買運動Boycott Tokyu) 2004-2015 All rights reserved.
This page is link free. 東急リバブル・東急不動産不買運動は本Webサイトの転送、転載、引用、訳出、リンクを歓迎します。その際は出典を明示して下さるようお願いします。リンクから東急不買運動を始めましょう。
Contact:mccmccmcc3@yahoo.co.jp スパム対策のため、一部大文字で表記しています。東急の不動産関連トラブル情報を募集します。お気軽にメールください。相互リンクも募集しております。
inserted by FC2 system