HOME

東急コミュニティー、管理組合文書を流出

株式会社東急コミュニティーは管理組合宛の文書を外部に流出させた。漏洩されたのは同社東京東支店が管理を受託するハイラーク東陽町管理組合(江東区千石)の財務文書等である。ハイラーク東陽町は東急コミュニティーに管理を委託し、東京東支店が担当する。

現在までに判明した流出文書は以下の通りである。
・組合管理台帳預金口座一覧
・三井住友銀行宛残高証明依頼書兼預金口座振替依頼書
・UFJ銀行宛残高証明依頼書
・東京三菱銀行宛残高証明依頼書兼預金口座振替依頼書
流出文書により、管理組合の預金口座開設金融機関名や預金残高、当時の管理組合理事長宅の住所や電話番号が分かってしまう。

これらの文書は同社からハイラーク東陽町管理組合役員宛に送付されるべきものであった。ところが、同社東京東支店担当者は何故か別のマンション管理組合であるA東陽町管理組合役員に送付した。A東陽町も同社東京東支店に管理を委託し、ハイラーク東陽町の担当者と同じ人物が担当していた。

A東陽町管理組合役員からの連絡によって文書流出が判明した(2006年1月17日)。しかし流出発覚後の同社の対応は遅かった。東急コミュニティーが管理組合に文書で報告したのは3ヵ月後の2006年4月19日である。管理組合役員による再三の説明要求の後である。しかも「当時の担当者が退職している関係から調査は不可能であり何卒ご容赦頂きたく」と流出の詳細は不明のままである。

東急コミュニティーには誤りを積極的に調査・公表し、再発防止につなげるのではなく、隠蔽しようとする体質があるのではないかと疑わせる。情報漏洩への対処は、積極的に事実を公表した方が、信用を失う度合いが少なくて済む。隠蔽しようとすれば、さらに社会的信用を失ってしまうことは、経営の常識である。

東急コミュニティー流出文書
流出した組合管理台帳預金口座一覧(左側)及び三井住友銀行宛残高証明依頼書兼預金口座振替依頼書(右側)。それぞれA4サイズの文書だが、2枚並べてスキャンした。

東急コミュニティー流出文書
流出したUFJ銀行宛残高証明依頼書(左側)及び東京三菱銀行宛残高証明依頼書兼預金口座振替依頼書(右側)。それぞれA4サイズの文書だが、2枚並べてスキャンした。

東急コミュニティー文書流出の説明文
東急コミュニティー東京東支店長名で、流出先のA管理組合に出された文書流出の説明文。


(C) 東急リバブル東急不動産不買運動 2004-2007 All rights reserved.
TOP
inserted by FC2 system